FC2ブログ
2018 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 02

木村藤子のキセキ相談SP②

kage

2018/10/20 (Sat)

前回 木村藤子のキセキ相談SP その1 に引き続き

 今回は、浅田舞ちゃんのスピリチュアルをご紹介します。

        舞
        画像はお借りし多少編集を加えています

浅田 舞 2000年代に活動していた日本のフィギュアスケート選手。
現役引退後はスポーツキャスター、タレント(wikiより)


世間では、オリンピックの大舞台で大活躍した妹の真央ちゃんをクローズアップし、彼女の姉として見られていますが、、、
私は、実は姉の舞ちゃんの滑る姿の方に多くの魅力を感じるし大好きです。
なんとも、しなやかなで魅力的な滑りが好きなんですよね。
いつも妹の影で「真央ちゃんのお姉ちゃん」として見られてしまう舞ちゃんを気の毒に思っていました。
やはり彼女の中にその想いは強くあったようです。
妹に対するコンプレックス…。
そして、お母さんに投げつけられた言葉に深く傷を負っていた彼女。
母や人々から、オリンピック選手真央の姉として見られる事に幾多のプレッシャーが圧し掛かかる…。
~心の内は慮るものがあります。

熱血の母の指導のもと、7歳でスケートの世界に入るも、高校時代、突然スランプが襲う。
拒食・過食、さらに母との距離が開く。
真央には迷惑かけないでね
 …なんと、辛辣な言葉だろうか…

溝は埋まらないまま、その母は病に倒れる。
亡くなる1週間前、思いがけない言葉が…
「ごめんね…ごめん」突然の謝罪。
舞には真意がわからない。

~あれから7年。
ごめんね」 の意味はなんだったのか?
木村 「短かいことばだけど、大きな事を込めてお詫びしたい、子供たちに。
束縛しないで出来る事があったんじゃないか?親子として色んな事を話したかった」
そんな悔恨と、厳しすぎた事を謝罪したのだ。

お母さんのお母さん(祖母)も一途。連鎖です。
あなたも気を付けなければならない。と
舞「はい、お母さんが最後に言ってくれた。」
木村「なら理解してあげて、真央ちゃんの事も宜しくと託して去った。」 と

~7年の時を経て、彼女の顔に笑顔が

それまでの彼女の中には…フィギュアへの想い母や妹への想い…いろんな葛藤があったのですね?
私は個人的に、舞ちゃんには多種多様に活躍して欲しいと思っています。
もちろんしあわせな結婚も含めて

最後までお読みいただき有難うございました!
クリック応援していただくと励みになります!

全般ランキング

スピリチュアルランキング

⇓ こちらも参加中♪

FC2 Blog Ranking

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック