FC2ブログ
2018 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 02

木村藤子のキセキ相談SP その1

kage

2018/10/18 (Thu)

大好きなスピリチュアルSP。

木村藤子さんは、数年前のテレビ出演を後にTVは出ないと決めていたそうですが、、、

今回、満を持してオファーをOKくださったそう。

みらくる(管理人)は、数ある霊能者の中でも木村藤子は本物だと思って観ています。

なぜ?と問われると困りますが「なんとなく

わたくし目は、何の取柄もない人間ですが(;´・ω・) 人を見抜く力だけは長けていると自負しています。

         天国

相談者は、浅田舞・一般相談者・ダイヤモンド☆ユカイ
3人の中から、今回は渡邊祥子ちゃん(当時6歳)のお話を。

彼女は、小学校入学わずか3か月後、突然の悲劇が起き帰らぬ人となりました。
集団下校の横断歩道を渡っているとき、一台の車が突っ込んで…。

事故前日、相談者である母が夜、仕事から帰り祥子ちゃんの部屋を覗いてみると
いつもなら寝ている時間なのに起きていた。
つい「なんで寝ていないの?!」と叱責してしまった。
さらには、事故当日の朝、祥子ちゃんのわがままに昨夜の事も重なり不機嫌に突き放してしまった。
母は、前夜と当日朝に祥子ちゃんをヒドク怒ってしまった事が、今も心に引っかかっている。
我が子が最後に見た母の顔は怒った顔のまま…。
その顔を祥子ちゃんはどんな風に思って死んだだろうか…?

愛する子を護ってあげられなかった悔恨…。
「ごめんね…ごめんね」
母は、棺に入った我が子に縋って詫びた。
と…?死んだ我が子の眼に涙が零れ落ちた…

木村~霊視~
しっかりしたお子さん。
お姉ちゃんぽい。
「ん?」なにか、気になる事がある…。
祥子ちゃんは、大人っぽいというか…まるであなたの姉妹みたい
怒られて泣くとき、わんわんとは泣かず声を押し殺す姿が視える。

事故の時、逃げるより傍の子の手を取り一緒に逃げようとした。と、木村。

相談者 「どのくらい意識があったか?」
木村 「病院に行く途中意識は無かった。苦しまず一瞬の事だった。」

相談者 「両目から流した意味は?」(一番知りたかった事だ)
私だって行きたくないんだよ、お母さんだけじゃない…わかって!
強い想いを伝える涙なのだ。と

祥子ちゃんの部屋に入り机を見た…その時、木村の表情が変わった。
生まれてくるのには訳があった。
あなたの子供に生まれたかった。ここの家に。
産まれるには早いと言われた(神様に)。それを強引に「1週間でもいい。」と泣いて泣いて頼んだ。
神様の世界の一日が一年なので、その1週間なのだと思う。
つまり、この世の7年
祥子ちゃんは、わずか6年という短い生涯を選んだ。

木村 「あなたには亡くなった姉妹とかいると思う。」
相談者 「(考えてから)母の妹で幼い時池に落ちて亡くなった子がいる。」

うーん、滑って落ちたのが見える…。
ああ…つながりました。輪廻転生です
あなたはお母さんと住んでいますね?
だから、ここに来ればお母さんと一緒にいられる。
どうしても、ここに生まれたかった。
最初私が言った、「祥子ちゃんが(あなたの)お姉ちゃんみたい」と感じたのと繋がる。

つまり、幼くして死んだ相談者の叔母が、どうしても母(相談者の祖母)と暮らしたいが為に、ここに生まれたのだ。と

この子が命が潰える前の夜から、誰が教えるとなく心に動揺があった。
夜、目を覚まして考えていた。
自分の身に起こる漠然とした不安があったからなのだった。
  筆者心の声~うーん…それを、(事情を知らないとは言え)母が怒ったとしたなら…みらくるは、あまりにも祥子ちゃんが可哀想で胸が痛みます。
もうひとつ
この子は、ある役目を持って生まれてきた
年月を振り返ると あなたはこの子のお蔭で人生が変わってきた。
この子の、あとの男の子(弟)たちに対して接し方が変わってきたはず。
人様に対する心の持ち方も緩和したはず。
心の欠点が消えていっている

 確かに「娘から宿題を出されている感覚はある。」と相談者。

さらに、今でも残る悔恨…祥子ちゃんの顔も見ず送り出してしまった。
木村 「今です、今現在」
~ありがとう。生まれて来て良かった~
しっかり心は繋がっているのだ。と

浅田舞ちゃんとダイヤモンド☆ユカイさんのお話しは時間が有ったら書きたいと思います。

最後までお読みいただき有難うございました!
クリック応援していただくと励みになります!

人気ブログランキング

⇓ こちらも参加中♪

FC2 Blog Ranking

この記事へのコメント

kage

切ない。。

6歳の子の話、何だか切ないですね。
最後の会話がそのような事だと、その子のお母さまは後悔されてるでしょうね。。
人間は、失って初めてその大切さが分かりますからね。お母さまは、生前ももちろんお子さんを大切にされていたでしょうから、余計悲しみも深かったでしょう。
ご冥福をお祈りします。

実は、うちの兄が宗教に入っていて、その宗教の霊能者の言われた事を堅く信じています。
その中には、例えば不幸な人がいたら、その不幸は因縁が強すぎて、断ち切れないとか。。
怖いですね、もしそんな事を言われたら、僕は信じちゃう方なので。人生を決められちゃうみたいで。。
だから、その宗教については僕からはあまり聞かないようにしています。

Posted at 20:17:30 2018/10/22 by アーサー

この記事へのコメント

kage

Re: 切ない。。

感想有難うございます^^
はい、女の子の気持ちを思うと本当に切なかったです(涙)
ほんの6歳の子が、夜、得体の知れない不安と戦っていたなんて…。
仕事で疲れて帰り、思わず叱りつけてしまったお母さんの気持ちもわかりますし。
 以前のブログで書きましたが、幼くしてこの世を去る命は魂が出来上がっているそうです。
女の子は、この6年に一生を賭けて生まれて来たんですね…。

お兄様のご信仰、そうなんですね?
アーサーさんから聞かないようにされているのは、とても賢明な事だと思います。
私は信仰については、とてもナイーブな部分なので立ち入らないようにしていますが…。
でも、思うところがあります。
もしかすると、いずれブログで関係のある部分を書くかも知れませんが。

Posted at 09:17:32 2018/10/23 by みらくる

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する